メニュー

Menu

まずは名物房家一頭盛から。

赤身部位、白身部位、希少部位が一皿に凝縮されています。
いろいろな部位を食べ比べていただくのが、和牛一頭買い焼き肉店の醍醐味と同時に職人の腕の見せ所です。
房家といえば「和牛の盛り合わせ」、今では9割近いお客様がご注文いただいております。
肉質、切り方、厚さ、盛り付け、和牛一頭買い焼肉専門店の真骨頂を是非ご賞味ください。
いつ来店されても「いつも美味しい」を合言葉に。

希少部位が一皿に凝縮

食べ方について より美味しくお肉をいただくために。

当店では、「4種類の自家製タレ」と「岩塩とワサビ」をご用意しております。
お肉には部位の札が付いてきますので、テーブルに備え付けの説明文を参考にしてそれぞれのお肉に合うタレをお選びください。
あくまでもお店側からの提案ですので、お客様がお好みで選んでいただくのもお楽しみいただける一つかと思います。

冷麺

房家特製練り出し式盛岡冷麺

コシの強い麺

盛岡冷麺の最大の特徴は、そば粉を使わずに「でんぷん」「小麦粉」のバランスからなる、コシが強いつるつるとした食感です。
この「のどごし」と「コシの強さ」、「歯ごたえ」は、高級馬鈴薯澱粉と、 それに見合う厳選した小麦粉を練り上げることによって実現するのですが、その配分、そして製作過程が大変大事です。
房家では、当社で注文したオリジナルの練りだし専用の機械を使用して、独自に編み出した秘伝の調合比と制作過程によって、 スープとキムチとの絶妙なコラボレーションを実現する麺を使用しております。

スープ
冷麺専用キムチ

スープ

房家の、コクがありながらもさっぱりしていて最後まで飲み干せてしまうスープ、 麺がもつ重厚な歯ごたえを受け止めることができるボディがしっかりしたスープは、当店が編み出した独特の製法で作られております。
その秘密その一は、国産和牛や地鶏をはじめとして複数の具財を丹精込めて8時間程じっくり丁寧に煮込んでいる点。 一般の冷麺でスープに対する工夫がおろそかになりがちですが、しっかりとした仕込で旨味をしっかり引き出します。
そしてその二は水に対するこだわりです。当店は2 種類の電解水を使用することで、単体では引き出すことが出来ないまろやかさを演出しています。

冷麺専用キムチ

強いのどごしの麺とスープの間で、絶妙な酸味とシャキシャキとした食感を引き出し、冷麺を、より味わいある食事、 よりたのしい食事に仕上げるもの、それがキムチです。
もちろん盛岡冷麺にもキムチは絶対欠かすことが出来ません。むしろキムチ以外にこの大事な役割は考えられません。
当店では、この冷麺だけのために、お客様に提供するものとは別の専用キムチを漬け込んで使用し、 程よく酸味がかったキムチがスープの甘みを引き出し、絶妙なハーモニーを奏でます。